沿革

沿革

1927
新実英一が輸入工具の経済使用を目的として、独自の研磨技術を開発し、東京・名古屋・大阪・神戸等の各ガス会社を対象に、名古屋市東区千種町出口48番地にて修理を開業し、新美グランヂング工業所と称した
1962
株式会社新美製作所を設立し、新実俊英代表取締役に就く
管工事設備工事用機器の販売修理を目的とする
1970
管工事機器とポンプの販売を主体とする営業体制と地歩固まり、千種区豊年町三丁目2番地に社屋を新築し本社を移転
都市ガス事業・上下水道の発展に対応、設備機器の専門商社となることを経営方針とする
1973
生活排水処理による都市周辺部の環境保全に着目し、環境エンジニアセールス部を設立
1976
創業50周年に際し、株式会社ニイミと商号を変更
1977
環境事業部(現環境部)の営業を主体とする東京営業所を開設
1978
本社社屋に隣接し展示場を建設
需要家の便宜に供する機能を備えた
1987
環境エンジニアセールス部・大阪営業所を開設し、全国展開へ着手
1989
高齢化対策の一環として55歳定年を60歳に改訂
1990
集中処理を廃止し、LANを構築。商社としての情報処理元年
1992
集落排水事業による下水道敷設促進に対応し特別チームを編成
1996
年俸制採用により能力・意欲・成果による評価に移行する。
ガス管のポリエチレン化に対応し、設備エンジニアセールス部に都市ガスチームを編成
1997
インターネット対応の第二次LANを構築
商社情報のデータベース化進行
1999
グループウェア、Office2000、Outlook2000、Fax、Windows98 導入による機能強化
2001
インターネットを活用した情報システム、イントラネットを構築
2005
環境部(現環境エンジニアセールス部)の営業を主体とする九州営業所を開設
2007
本社物流棟・情報棟を建設
2009
東京営業所を宗和ビルに移転、事業開発本部として東京本社を設立 (本店は愛知県)
2010
東京本社に国際事業本部を設立し、本格的な海外展開に着手
2011
“Doing Better with Less”, 社内資源最大化のポリシーで全社TV会議システムを導入
旧 環境エンジニアセールス部を「水インフラ支援事業部」へと改名
旧 設備エンジニアセールス部を「ガスインフラ支援事業部」へと改名
2012
東京本社オフィスの大幅改装を実施、最重要中枢拠点としての社内ハブ化構想に着手
東京本社に新事業部門を開設、浄水・排水・焼却・エネルギーの一括対応体制を構築
東京本社に取扱い機器展示室を増設、社員・顧客の製品トレーニング環境を完備
当社ウェブサイトをより市場貢献型に改装し、取引先にご愛顧頂ける専門商社に改築

水インフラ部門へのお問合せ

ガスインフラ部門へのお問合せ

電話でお問合せ

  • 東京本社・国際事業本部 03-5643-2131
  • 名古屋本社 052-733-1151
  • 大阪営業所 06-6399-8171
  • 九州営業所 092-433-1000