インターンシップ・インタビュー:金 永鎬(キム ヨンホ)

インターンシップ・インタビュー:金 永鎬(キム ヨンホ)

金 永鎬

  • キム ヨンホ
  • 金 永鎬
  • 国籍:韓国
  • 出身大学:全南大学校

長崎大学が主催する「日中韓の大学間連携による水環境技術者育成事業」の一環として行われている、長期インターンシップ制度に参加し、留学のため来日しました。

1.当社での今回の海外インターンシップを始める前はどのような心境でしたか?

社会人経験のない自分が、果たして留学先の日本の会社でいきなり働くことができるのかどうか、インターンシップ開始前はとても心配でした。職業経験がない自分が民間企業という常に成果が求められるイメージの中でインターンシップをすることが、最初はとても不安で自信もあまりありませんでした。/p>

2.当社のインターンシップの社内業務で大変だったことはありますか?

お客様・仕入先様からかかってくる電話への対応がとても緊張しました。私は日本人の友達とも電話で話すのもまだ難しかったので、仕事で電話応対をすることは自分にとっては大きなチャレンジでした。お取引先様に悪い印象を与えてしまってはいけないと思い、心配でした。勿論、一日に複数回電話は取りましたが、どうしても緊張してしまい、先輩方と同じようには電話への手がなかなか伸びませんでした。

3.当社のインターンシップの営業同行で刺激を受けたことが何でしたか?

営業マンの甲斐さんとお客様の会社に同行訪問したときに、甲斐さんが平身低頭にお客様の前でコミュニケーションを取ることがすごくプロフェッショナルだなと感じました。甲斐さんの営業マンとしての持ち合わせる引き出しの多さと柔軟に受け答えをする姿に心敬服しました。自分も例え研究を続けることになったとしても、「営業的センスのある研究者」を志して、求められる社会貢献をするための営業心を忘れないようにしたいです。

4.当社のインターンシップで社会人として学んだ大切なものは何がありましたか?


ニイミの仕入先企業のタクミナ様のショールームで製品のご説明を受けた時に、ポンプの中身を細部に至るまで見る事ができて、大変勉強になりました。何故ならば、今までもプラントの現場に行ったことは何度もありましたが、そのような「細かい仕事力」の積み重ねで、浄水場や下水処理場のプラントの安定運営が支えられていているのだとハッと気づかされたからです。 皆が一生懸命にそれぞれの持ち場で細かい仕事を完結することにより、社会が総合的に良く繁栄していくのだと感じることができて、とても新鮮でした。

5.当社でインターンシップをしていくなかで印象的な思い出は何がありましたか?

会社の中の雰囲気がとてもアクティブで、民間企業は活力があると感じました。また、社内の連携感がとても魅力的でした。そのお蔭で自分自身も早く溶け込むことができたと思います。常に会社では人の声が飛び交っていて始業から就業まで活気があり、民間企業でインターンシップを体験できたことは自分にとってとてもエキサイティングでした。

6.最後に今後このプログラムでインターンシップをする後輩へメッセージはありますか?


インターンシップが決まったら、社会人のビジネスマナーとビジネスの日本語をたくさん訓練してくると良いと思います。何故なら、その基礎があると、インターンとしてお世話になる会社の業務や実務にいち早く慣れて本当に一ヶ月間、密度の濃い仕事ができるのだと思います。第一期生の私の悔しいポイントを活かして、後に続く後輩にはすぐ仕事ができるコンディションでインターンシップをスタートさせて欲しいと思っています。

水インフラ部門へのお問合せ

ガスインフラ部門へのお問合せ

電話でお問合せ

  • 東京本社・国際事業本部 03-5643-2131
  • 名古屋本社 052-733-1151
  • 大阪営業所 06-6399-8171
  • 九州営業所 092-433-1000